> English

ニュース&
トピックス

大阪大学北米同窓会総会・市民講座を開催しました(10月30日)

2021年11月10日

 

 2021年10月30日(日本時間10月31日)に、2021年度大阪大学北米同窓会総会・市民講座をオンラインで開催しました。
 飯田クライン安紀子北米同窓会会長からのご挨拶に始まり、一般向けの市民講座では、「北米で受け継がれる“日本の文化”」と題し、米国で活躍されている日本人のお二人による講演が行われました。
 一人目はバッファロー日本人会の和太鼓グループ「しぶき」の今澤ななえ様から、結成当初は手元に和太鼓がなく身近な材料で和太鼓に見立てた打楽器を自作して現地イベントでパフォーマンスを披露し始めた頃から、寄附などにより和太鼓が購入できるようになるまでのお話や、現地での実際の公演動画を共有いただき、米国での和太鼓の人気ぶりを紹介していただきました。
 次に、スタンダップ・コメディアンとして米国、欧州など10ヵ国以上でご活躍されているSaku Yanagawa様(大阪大学文学部卒業生)を迎え、スタンダップ・コメディアンになられた経緯や、「2021年Forbes Asia 世界を変える30歳未満の30人」受賞の連絡を受けた時の様子、日米での笑いの違い等、様々な話をユーモアたっぷりにしていただき、英語でのパフォーマンスも披露していただきました。
 参加者からはお二人に多くの質問、賞賛のコメントが寄せられました。
 講演後は北米同窓会総会に移り、河原源太理事・副学長による本学の近況ご報告に始まり、Scott North北米拠点長からはご挨拶とともに、起業を目指す阪大生が所属する「大阪大学Innovators’ Club」の紹介と同窓会会員の皆様に同Clubメンバーのインターンシップ派遣先としてご協力いただけるよう呼びかけがありました。
 さらに、北米同窓会恒例のクイズ大会では、尾上友紀北米同窓会理事から練りに練られた阪大にまつわるクイズが出題されました。会の最後にはZoomのブレイクアウトルーム機能を使用して参加者同士が交流を深め、閉会の挨拶後もバーチャルビデオチャットサービスのSpatial Chatを使って引き続き交流が行われました。
 今回は全米、カナダ、日本の各地から41名の参加があり、「来年こそは対面開催を」との声とともに、盛況のうちに終了しました。

 

 

pagetop